人材教育

 テック情報では特色ある従業員教育を実施しています。刻々と進化するビジネスシーンにおいて柔軟に対応するため、常に社員がスキルアップする教育体制を整えています。中堅の社員ともなると、日々の業務に忙殺され、研修等の機会に恵まれないというケースが少なくありません。そんな中でも常に自己啓発に取り組み、キャリアアップにつながるような外部研修の受講や、情報処理試験の受験を進めています。


新入社員研修は専門の研修部署で3か月間

   

 

人材教育

 


テック情報の人材教育への取り組みの大きな特長としてあげられるのは、新入社員に対する教育体制です。新入社員は全員、入社と同時に専門の研修部署へ配属となります。そこで3か月間、ビジネスマナーから仕事の仕方、プログラミングの基礎からデータベースやネットワークといった様々な分野を勉強します。いきなり配属され、業務を任せれるのではないため、学生時代にプログラミング経験のない新入社員でも不安なく取り組むことができます。

「企業は人なり」と言われますが、まさに人材あっての企業であり、組織です。社会へ出たばかりの新入社員が、仕事への意欲をもち、「指示を受け」「報告する」という仕事の基本を理解することを目的とした研修を実施しています。

1年間ペアを組み信頼をはぐくむOJT


もう1つの人材教育の特長は、「OJT」です。どこの企業でもOJT教育は行っていると思いますが、テック情報のOJTは全社的なプロジェクトとして取り組みます。1年を通じて、先輩と後輩がペアとなり、それぞれにテーマと目標を決めて取り組みます。

指導する立場のトレーナーには指導を行うための研修が実施され、定期的に指導にあたっての課題や問題点を話し合う機会が設けられています。自分が携わっている業務を見直し、手順をきちんとまとめる機会にもなると好評です。
指導される立場のトレーニーは、1年を通じてペアとなった先輩社員との交流が深まり、質問しやすい環境になっています。

1年後にはペアのOJTの経過や成果を発表する会が開かれます。全社で優秀ペアが選考され、表彰されるといったユニークな取り組みが行われています。

  

人材教育

経済産業省認定の国家試験である情報処理技術者試験の受験推奨


毎年春と秋に実施されている情報処理技術者試験の受験を推奨しています。希望者は、eラーニング講座を自己負担なしで受講することができ、多くの社員がこの制度を利用し受験に取り組んでいます。

合格者には、「合格一時金」が授与されるとともに、毎月「資格手当」が支給され、受験へのモチベーションUPにもつながっています。

   

<入社17年目 Oさんの声>
毎回、何かの試験にチャレンジすることにしています。今までに応用情報処理技術者、情報セキュリティスペシャリスト、データベーススペシャリスト、システムアーキテクトに合格しました。業務で忙しい毎日ではありますが、そんな中でも勉強する周囲の意識の高さに影響されています。eラーニングを受講しましたが、論文の採点や直前の模試は本当に役にたちました。自分の時間を学生時代よりも有意義に使うことができるようになった気がしています。今年も新しい試験にチャレンジするつもりです。

 
                   
基本情報処理技術者  36名
情報セキュリティマネジメント   2名
応用情報処理技術者  18名
システムアーキテクト   2名
プロジェクトマネージャ   1名
ネットワークスペシャリスト   2名
データベーススペシャリスト   3名
情報セキュリティスペシャリスト   4名
ITサービスマネージャ   1名
(2016年7月1日現在)